儲からないのに人気の商売

雑貨店は儲からない



雑貨店開業は人気は高いが儲からない

雑貨店開業よりAmazonを使った輸出ビジネスがいかに有利かを解説

利益率は60%前後

ただでさえ低い利益率だけど、さらに商品を卸す会社との駆け引きがある。

「人気商品を卸す代わりに、不人気商品も仕入れて欲しい」

つまり、「売れる商品だけを仕入れる」というのはムリです。

そして販売する場所

1 インターネット通販
楽天やヤフーなどのモールへ出店
自分でサーバーを構築して店を開く

開業費用 :5~50万円
その他の費用:広告費用、売上に応じた手数料

2 路面店

商店街や、ロードサイドの路面店
開業費用 :300万円~500万円
その他の費用:広告費用、家賃、光熱費

3 駅ビルやショッピングセンター
ルミネや、イオンモールなど
開業費用 :2000万円~5000万円
その他の費用:家賃、売上に応じた手数料、人件費、広告費用、光熱費

雑貨店経営が儲からない最大の理由、投下資金が大きいので儲かる商品と儲かる場所を見つけるまでトライアンドエラーを繰り返させない。

Amazonを使った販売が稼げる理由

商品を出すだけでスグに儲かる商品が見つかるAmazonでの販売はとてもリスクが少ない。

なぜならかかる費用は商品代金だけ、投下資金が小さいので儲かる商品を見つけるまでトライアンドエラーを繰り返せば失敗しようが無い。

飲食業は儲からない飲食店の倒産率が高いのはなぜか

このタイトルで動画を作ったら再生回数が多い

しかし、誤解している人が見受けられるので補足記事を作った。

飲食店は儲かるのか居抜きと言う不思議な慣習
小さく始める、うまく行ったら大きくして行く。この投資の原理原則鉄則を外しているので潰れて当然と言える

Amazon 世界一の金持ち ジェフ・ペゾス

100倍になる投資の成功確率が10%なら迷わず投資する

飲食店で儲けるのは難しい。
一般に10年で9割潰れると言われている。

10年後には90%が潰れるとはどういうことか?

業種別廃業率

日本政策金融公庫の資料

飲食店と宿泊業の廃業率は18.9%

一方、不動産業の廃業率は4.3%

飲食店と不動産業の違いは何か?

飲食店

初期投資が掛かる。

不動産業

初期投資が不要。

小さく始める、うまく行ったら大きくして行く。

上手く行かないならやり方を変える。

これが商売の鉄則。

飲食に例えると場所や扱い商品を変えて10店舗出す

そして上手く繁盛した店舗に集中する

でも10店舗出して回収できるほど飲食は儲かりません。

物販ビジネスは稼ぎやすい

オーストラリアアマゾンが始まる今、日本製品を小さく1個、3個、10個と販売して月間数百個(あるいは数千個)まで増やしていくほど手堅いビジネスはありません。

飲食で失敗する前にノーリスクで試せるオーストラリアAmazonに取組め

と言うこと

私が不動産の賃貸や売買の仲介をしていて不思議だったことがある

それは

飲食店の居抜き物件

ラーメン屋をやっていましたが、繁盛せずに潰れました。

ラーメン屋の(私が600万円かけて調達した)設備を300万円で譲ります。

あなたも、ココでラーメン屋をやりませんか

普通に考えればラーメン屋が潰れたのであれば、そこはラーメン屋には向かない場所だと言うこと

次のラーメン屋も、きっと潰れる

その勝算の低い場所へ何故無駄な投資をするのか?

物販に例えると違和感に気が付くだろうか

花札を仕入れましたが、全然売れません。

(私が6万円で仕入れた)花札を3万円で譲ります。

あなたも、花札売りませんか?

普通に考えれば売れない花札を仕入れるよりも別な商品を仕入れる。

そして仕入れるとしても6万円分の売れ残り在庫なら3千円くらいが妥当な価格

このように、物を売ると言う物販ビジネスは初心者でも理解しやすい

飲食より儲かる

飲食業を始めるよりもオーストラリアAmazonに取組んだほうが儲かりますよ

過当競争で稼ぎにくい日本で3000万円払って取り返しが付かなくなる前に

ブルーオーシャンオーストラリアAmazonで稼ぎませんか?

今、物販副業で稼ぐならオーストラリアAmazon輸出が一番です。

無料アマゾン輸出メ-ルセミナーに今すぐ登録してください。

「メールアドレス」と「お名前」を入力して「登録する」ボタンをクリックしてください。




メールアドレス: (必須)
お名前:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする