初心者でもオーストラリアAmazon輸出なら稼げる3つの理由

オーストラリアAmazon輸出をはじめましょう

今からネットを使って稼ごうと言う初心者が稼ぎやすいのはオーストラリアAmazon輸出

なぜオーストラリアAmazonなら初心者でも稼ぎやすいのか?その理由は3つ

1 オーストラリアは物を売るのに理想的な場所です。

オーストラリア人は世界一の金持ち、物価が高く金使いも荒いです。

2 日本は物を仕入れるのに理想的な場所です。

30年間変わぬ物価と人件費。日本で稼ぐのは大変ですが仕入の場所としては天国です。

3 始まったばかりでライバルがいません。

初心者でも稼げる今がチャンスです。

勝ちやすい場所を見つければ稼げます

ラーメンは味ではない

一風堂はまずくは無いがスゴク美味しいわけではない。

一風堂は高くは無いがスゴクオトクな値段ではない。

一風堂のサービスは悪くは無いがよくも無い。

つまり日本で勝負をすればあまりパッとしない良くあるラーメン店。

しかし、海外の一等地に出店すればおしゃれな日本食であるラーメン日本代表。

連日大賑わい。

一風堂が日本一美味しいラーメン作りにこだわっていたら株式上場はムリだった

ユニクロ

激戦地のアメリカで巨大企業GAPに真っ向勝負を挑んでいたら今日のユニクロは無い

ドンキホーテ

日本人をメインターゲットにしていたら今の躍進は無かった

世界株式時価総額ランキング

平成元年の世界株式時価総額ランキング30年後にランキングに残ったのは輸出企業のトヨタ自動車だけ

日本市場に一点張りの戦略は負け戦の戦略

今の戦力でも勝てる場所と戦い方を見つけるのが戦略

戦略なくして勝利無し

強い相手と戦って負けて実力を向上させて逆転勝利するというのはマンガの中の話

現実には弱い自分が努力している間に、強いライバルはもっと強くなる

儲けたいなら、今の戦力でも勝てる場所と戦い方を見つけるのが必須

輸出ビジネスなら日本語が出来ることと日本に住んでいることが強みになる。

AustraliaアマゾンFBA倉庫

オーストラリア最大消費地シドニーのFBA倉庫が2018年9月に稼動しました。

人口は少なくても購買力旺盛なオーストラリア

Sydneyで暮らしていた私はオーストラリア人の豊かさあるいは金遣いの粗さがわかります。

しかし、一般的な日本人はオーストラリアの消費力を低く見つもり過ぎています。

ボクシングデー

オーストラリア、ボクシングデーの売上げ2,000億円

そのオーストラリア市場で日本商品を販売するにはアマゾンを使うのが一番

オーストラリアAmazonバブルは発生間近です。

オーストラリアAmazon輸出

オーストラリアAmazon輸出

アメリカAmazonや日本での物販は下りエスカレーター

アメリカAmazonや日本での物販は売れていた商品がライバルの出現や市場の縮小で売れなくなって行きます。

オーストラリアAmazonは昇りエスカレーター

オーストラリアAmazonは売れなった商品が利用者の増加とAmazonのシステムの進化で売れて行きます。

オーストラリアAmazon手数料無料

アメリカAmazonや日本アマゾンは出品者が飽和しています。

オーストラリアAmaoznは出品者が足りないです。

オーストラリアAmazon輸出でやることはとても単純

大変ことはAmazonがやってくれる

ネットショップ作り不要

ネットショップを作る必要はありません。アマゾンを使います。

集客不要

集客する必要はありません。全部アマゾンがやってくれます。

売り込み不要

売り込みする必要はありません。全部アマゾンがやってくれます。

入金確認不要

入金確認する必要はありません。全部アマゾンがやってくれます。

梱包不要

梱包する必要はありません。全部アマゾンがやってくれます。

発送不要

自分で発送する必要がありません。全部アマゾンがやってくれます。

クレーム処理不要

クレーム処理する必要はありません。全部アマゾンがやってくれます。

返品受付不要

返品受付する必要はありません。全部アマゾンがやってくれます。

あなたがやることは買い物した商品をアマゾンに送るだけ

Amazonのシステムはここまで進化しています。だから売れます。

Amazon Go

AmazonがAmazon Goで取組んでいること

「レジなし無人スーパー」Amazon Go

Amazon Goのアプリをインストールしたスマホを入り口でかざせば、あとは棚から好きな商品を取って、そのまま店外に出るだけ。

わずか10秒で、欲しい商品だけを手に入れることが可能。

わずか10秒で買物できるワケは飲み物やサンドイッチなど「それだけが目当て」となりやすい商品は入り口近くに配置されているため。

Amazon Goの仕組みは、商品にタグをつけて読み取っているわけではない。

天井などに設置されたカメラや商品棚のセンサーが、利用者の行動と商品の動きを追跡。

利用者がどの商品をいくつ店の外に持ち出したかをAIが判断し、事前に登録したクレジットカードで決済する。

Amazon GOの技術は、「誰が何を買った」だけでなく、「どういう順番で手に取ったのか」まですべて把握できる。

さらに、一度手に取った商品をどういうタイミングで返したのかという行動まで徹底的に分析できる。

Amazon GOの仕組みはアマゾンがオンラインの仕組みでやっていることの応用だけど、実店舗のAmazon GOで行っている事の解説のほうが理解しやすいのでシェアしました。

IT技術に関してアマゾンのライバルに成りうるのはGogoleくらい。

しかし、膨大な倉庫と流通網を持っているアマゾンに今から追いつくのは困難。

この仕組みを誰でも利用できるから初心者でもAmazon輸出なら稼げるワケです。

今すぐにオーストラリアAmazon輸出を始めるべき理由は3つ

1 Amazonは実績重視、新参者に厳しいシステムです。
始めるのは早ければ早いほど良いです。

取引実績がたくさん有る出品者とバッティングした場合は新規出品者は中々売れません。

取引実績がある出品者は出品可能、しかし新規出品者は販売許可が必要と言う商品も出てきています。

2 初めのころは間違いも大目に見てもらえます。

3 初心者でも稼げる今がチャンスです。

今オーストラリアAmazon輸出を開始すればドンドン売れやすくなっていきます。

今始めれば丁度良いタイミングで5ヶ月後のホリデーシーズンを迎えることが出来ます。

今がオーストラリアAmazon輸出を始めるのに丁度良いタイミング

Amazonがオーストラリアに上陸しました。

日本に住んでいるあなたにオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンスがやって来ます。

ここをクリックしてオーストラリアAmazon輸出マニュアル 特別モニター募集ページを見て下さい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする