Australiaは楽園

初心者がパソコン使って稼ぐならAmazon輸出がお勧め

オーストラリアAmazon売上見込7兆8000億円

オーストラリアAmazon売上

オーストラリアの経済研究所の予測記事

オーストラリアAmazonは3年後の2022年にはオーストラリア第6位の小売業者になるだろう。

オーストラリアAmazon2022年の売上予測 6兆2400億円から7兆8000億円(80億ドルから100億ドル1AUドル78円で計算)

Amazon は世界で市場の予想以上の成長をしてきました。

だからこそ現在株式時価総額世界一になっています。

仮に経済研究所の予想通り3年後の売り上げが7兆8000億円だったとしてこの数字は日本 Amazon の2016年の売上高1兆1660億7600万円の6.7倍の売上規模です。

日本アマゾン売上

日本 Amazon は2010年や2011年頃が一番、稼ぎやすかったです。

この時の売上は5025臆から6576億円。

日本アマゾンで稼いだ方法

日本 Amazon では2010年までは FBA を利用するライバルがほとんどいませんでした。

そのため FBAを使うだけでカンタンに稼げました。

例えば私はヤフオクで中古の家電を買ってそのままアマゾンの FBA 倉庫に入れていました。

これだけで1万円で買った食器洗い乾燥機が3万円以上で売れたりしていました。

ところが自己発送で儲けた人たちは FBA は送料がもったいないと言うことで、みすみす儲けの機会を逃しました。

今オーストラリアAmazonを始めるのは早すぎると言っている人の意見を見ると自己発送からFBAに乗り換えられなった人達のことを思い出します。

失敗は成功の素

失敗は成功の反対語ではありません。

失敗は成功の母、失敗は成功の素、失敗なくして成功はありません。

失敗なしの成功はありえない。

失敗→失敗→失敗→成功

失敗を0にすることは出来ない。

エジソン 失敗1万回でもめげない

凡人失敗 10回以下でもめげる

数少ない失敗で成功にたどり着く選択とサポートが重要です。

私はオーストラリアAmazonで数少ない失敗で成功にたどり着くサポートを提供しています。

※この場合失敗とは儲かると思った商品が売れなった。あるいは損をしたことを意味します。

成功は儲かる商品が見つかったということです。

今の日本AmazonやアメリカAmazonでは成功の前にめげます。

もちろん、Amazonを使わない物販やアフィリエイト、アドセンスでは日本AmazonやアメリカAmazon以上にたくさんの失敗が必要です。めげずに続いたら立派です。普通は成功までたどり着け無いです。

今のうちから始めてオーストラリアAmazonを始めて儲かる商品を見つける。

そして Amazon を信用させる取引実績を積むことが重要です。

先に始めていれば強いライバルに勝てます。というか始めて1年もすればライバルに打ち勝つだけのスキルも身についています。

転売の旬

転売の旬は客層の良い成長期です。

成熟したプラットフォームは顧客も荒れライバルも増えて稼ぎにくく面倒なことが多い市場になります。

ヤフオク

楽天

日本アマゾン

USAmazon

メルカリ

いずれもプラットフォーム自体が成長している時期は濡れ手に粟で稼げました。

今のうちからオーストラリア Amazon に集中して取り組むことが初心者が稼ぐ一番良い方法です。

物販初心者にはストレスフリーなオーストラリアAmazonがお勧め

オーストラリア人は間違いに寛大

日本アマゾンでやったら詐欺師呼ばわりされて悪い評価確定の事例

アマゾン紛らわしいカタログ

タイトルを見ると白とピンクのセット販売に見えるけど画像はピンク

あるいは逆に、タイトルを見ると白(またはピンク)だけど画像はピンクと白

1つなのかセットなのか紛らわしいカタログが結構あります。

今回は、白をFBAに入れたら購入者から「白とピンクのセットじゃないのか?」

とクレームが来ました。

そこできっぱり「いいえ、白のみの販売です」と返事をしたところ。

「白とピンクのセットを買ったのに白だけ届いた」評価3!

えーっ返品するとか、評価1とか2じゃなくて評価3

日本なら詐欺師呼ばわりされるでしょう

アメリカでも返品されるでしょう

しかし、さすがオーストラリア不満はありつつも、まあ普通の評価3

「1つ少ないけど、まあいっか」というところです。

普段からリアルショップやインターネットショップで酷い目に遭い続けているオージーは忍耐力の強さと適当さが日本人から考えると別世界です。

商品は、変えてありますが、やり取りは実際のやり取りのママです。

のんびり取引できるオーストラリア市場で販売しましょう。

オーストラリア小売市場は日本市場より大きい

11月15日から12月24日までの40日間で500億ドルの売上(4兆2千億円)

百貨店の年間売上6.3兆円

日本の小売業全体の売上 年間26.7兆円 月間2.22兆円

日本の小売業トップ11

イオンとセブンイレブン以外の年間売り上げよりもオーストラリアのクリスマスシーズンの売上のほうが大きい

アマゾンオーストラリアで高く売れた商品

AUamazonミニオン危機一髪

AUamazonミニオン危機一髪

USamazonミニオン危機一髪

ミニオン危機一髪は日本でもプレ値

ミニオン危機一髪

日本だと定価以上で販売する商品には注意喚起のマークが付く

AUミニオン危機一髪

オーストラリアには価格注意の表示は無い

日本では定価以上で商品を販売するのにリスクが伴う

本当に欲しい人が買えなくなる

本当に欲しいなら高くても買うのが世界標準

日本の場合は「本当に欲しい(わけじゃないんだけど皆が買っているから安く買えるなら買おうと思っている)人が買えなくなる」

日本国内で商売するなら安く販売するのが無難。
でもそうなると、稼ぐのが難しくハードワークが必要になる。

もとい、ミニオン危機一髪AUではUSの2.5倍で売れています。

オーストラリアで日本製品を買うと日本の何倍もの価格です。

オーストラリアは買い物するには地獄です。

しかし、一転して輸出ビジネスで販売する場所として考えると楽園です。

日本製品がオーストラリアで何倍で売れるかを紹介します。

ゴルフバッグ 1.84倍 日本の仕入れ価格との差額20,994円

ゴルフバッグ豪州価格

PRGR PCB-102  45,780円

ゴルフバッグ日本価格

プロギア PCB-102  24,786円

国産ウイスキー 3.10倍 日本の仕入れ価格との差額34,859円

響JP価格

響17年 16,569円

響AU価格

響17年 51,428円(499+送料99)

釣具リール 1.82倍 日本の仕入れ価格との差額57,552円

釣具リールJP価格

シマノ リール 13 ステラSW 4000XG 70,100円

釣具リールOZ価格

Shimano reel 13 Stellar SW 4000XG 127,652円

戦隊ものオモチャ 26.46倍 日本の仕入れ価格との差額223,889円

おもちゃOZ

Super Sentai Goseiger 232,680円

おもちゃJP

天装戦隊ゴセイジャー 天装合体DXゴセイグレート 8,791円

DAISO Australiaアマゾンならダイソー商品でも稼げる

ダイソー粘土

ダイソーネンド8個セット 4.64倍 3,717円(27.46+16.80)

ダイソー粘土

ダイソーねんど 10.97倍 1,097円(6.41+6.65)

ふわっと軽いねんど

ダイソーねんど 40.31倍 4,031円(7.99+40)

ダイソー粘土

ダイソーネンド7個セット 10.07倍 7,055円(43.99+40)

ふわっと軽いねんど

ダイソーねんど 40.98倍 4,098円(8.79+40)

ごますり

ゴマすり機 15.96倍 1,596円(11+8)

ダイソー墨パック

墨パック 10.6倍 1,066円

ダイソー墨パックセット

墨パックセット2本セット 5.45倍 1,091円

MD10枚セット

ミニディスク10枚セット 4.36倍 4,316円(37+14.39)

激落ち王

メラミンスポンジ 16.78倍 1,678円(9.99+9.99)

ダイソーちりとり

チリトリ 14.95倍 1,495円(9.50+8.30)

ダイソーパズル

ティラノサウルス 木製パズル 13.33倍 1,333円(8.08+7.80)

 

番外 時差商品 ベイブレード 価格差無し ただし定価で仕入れていれば10倍

ベイブレード日本価格 31,000円

ベイブレードが10倍で売れる

ベイブレードAU価格 34,565円

転売をするのに2倍で売れれば利益を出せる商品が多いです。

3倍で売れれば利益率は30~40%になります。

10倍で売れた場合、利益率は50~90%になります。

国内で転売するセドリや日本で販売する輸入ビジネスでは10倍で売れる商品を見つけることは困難です。

一方オーストラリアに輸出するなら価格差10倍の商品もボロボロ見つかります。

日本に住んでいるあなたがオーストラリアアマゾン副業を始めれば、今の本業より稼ぐことができるチャンスです。

本日締切オーストラリアAmazon輸出マニュアル

成功の反対語は何もしないです

この記事を読んでいるあなたは手を伸ばすだけで成功をつかめる場所にいます。

今オーストラリアAmazonをはじめれば初心者でも一生稼げるスキルが身に付きます。

オーストラリアには強いライバルはいません。

必要なことは今すぐわずかな投資をしてオーストラリアAmazonを始めるだけです。

ここをクリックしてオーストラリアAmazon輸出マニュアル 特別モニター募集ページをみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする